「NPOって何やってるの?」
一言で説明するのは難しい・・・
ということで、ブログ形式で活動内容を紹介します。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
潮の香りが濃い日には・・・
 ここ数日、朝から潮の香り強いのです。
本当に「うっ」と感じるほどです。
そういう時期は、あるものが産卵している合図なのです。
あるものとは・・・『珊瑚』です。
ちょっと見難いかもしれませんが、写真をUPしてみます。





白い泡のようなものが卵。
実祭は、ピンク色をしています。
もし潮の香りが強く感じた時は、海を覗いてみてください。

そして、今日は大潮。
干潮時は船が心配なぐらい潮がひきました。

デイゴの開花





開花したデイゴ。
ホーシミチのデイゴの木です。



次々と色づき始めたデイゴの花芽もたくさん。

島はひと先早く春を迎えます。
デイゴが咲いている?!
 本日も、どんより曇り空の竹富島です。
2日前に、ホーシミチのデイゴが咲いているということで、
写真に納めにいきましたが、天気もいまいち、写真もいまいち・・・。
ということで、今日も行ってみましたが、天気もいまいち、
デイゴもなくなっていました。
カラスか風の仕業か。


でも、たくさんの花芽を付けていましたので、春が待ち遠しいですね。





ちなみに、集落内は見事に・・・花芽は見られませんでした。
去年も、風当たりの強いホーシミチが一番咲きだったきがします。
不思議です・・・・。

咲いているデイゴの花が撮れませんでしたので、
学校に咲いているカンヒサクラをお楽しみください。

デイゴとカラス
 

デイゴの花芽がひらき始めています。

しかし、問題が発生!
カラスが花芽をくわえて枝から落としていくのです。
遊んでいるのか、蜜なのかわかりません・・・。
それも1羽や2羽の話ではないのです。



デイゴの木にたかっているカラスたち。
どうにかならないものか、島民もため息をついています。
デイゴ講習会IN竹富島
 2月18日(金)
デイゴ実行委員主催の講習会が行われます。
昼間は島内調査を行い、夜は昨年の樹幹注入後から今の現状が報告されます。
これらを踏まえて今後の活動方針を決めていくということです。
まずは、目の前にあるデイゴの状況を島民が知ることが先決です。
この日、たまたま竹富島に遊びに行くよ!という方も講習会の参加は可能です。
ぜひ、この機会にデイゴの現状を知ってください。

詳細
2月18日(金)
[島内調査]
時間:午後2時〜
場所:ゆがふ館
講師:福山研二氏(農学博士) 
       阪井秋弘氏(井筒屋科学産業株式会社)  
内容:島内のデイゴの現状を調査
対象:島民

[デイゴ講習会]
時間:午後8時〜9時30分
場所:まちなみ館
講師:福山研二氏(農学博士)  
       阪井秋弘氏(井筒屋科学産業株式会社)
内容:講師によるデイゴの現状とその報告、対策、注意事項など
デイゴのおはなし
沖縄県の県花のデイゴ。
このデイゴの花が沖縄県で咲かなくなっているという状況をご存知ですか? 
竹富島でも花が咲かなくなっています。

そこで、NPOたきどぅんとして、竹富島のデイゴを救うため何かできないかと考えていました。
すると昨年末、嬉しい知らせが届きました。デイゴを救う活動にTOYOTA自動車株式会社さまのご協力をいただけることになったのです。
今年から1年間、NPOたきどぅんは、トヨタ環境活動助成プログラムの協力のもと、竹富島のデイゴを救おう実行委員会のバックアップをさせていただきます。

活動内容は、デイゴの花を島人自ら状況把握ができるようになり、万が一の場合すばやく対処できるように、講習会や専門的な技法を習得していこうというものです。
島民の皆さんや、島外の皆さまのご協力のもと少しでもデイゴの花が復活できるように活動していきます。
よろしくお願いします。

デイゴの花芽
乞う!カンムリワシ情報!
今日、八重山地域在住の野鳥観察グループが来島されました。
カンムリワシの生態を把握するのが目的とのこと。

そのグループの一人、佐野清貴氏より、
ご本人と菊池正太郎の共著
「竹富島におけるカンムリワシの観察記録」
『Bird Research vol.3』(20007年)の論文を
御寄贈いただきました。
まことにありがとうございました。

竹富島ではこれまで、
カンムリワシの報告が1例あるのみですが、
具体的な記述はないとのことです(1974年)。

菊池・佐野両氏の報告によると、
2005年1月に竹富島で幼鳥1羽が、
蔵元跡の林で観察されています。

この幼鳥について、
両氏は石垣島か西表島から飛来し、
一時的に滞在した迷鳥と推察しています。
さらに、両氏はカンムリワシが、
まれに島間の移動をしているのではないかと
考えます。

そして、
「竹富島は、石垣島と西表島とを結ぶ
移動・分散の際の一時的な滞在地として
利用できる位置・環境であり、
今後も飛来する可能性は高いと思われる。
幼鳥・若鳥の分散や、石垣島と西表島の個体群の
交流を把握するためにも、
竹富島と小浜島をはじめとして
八重山の各島々での観察記録が
蓄積されていくことを期待したい」
と結んでいます。

乞う!カンムリワシ情報!       (YI)



台風8号

台風8号の襲来です。

台風8号の進路は、先島諸島よりやや南になるものの
暴風圏内に入るため、定期船は本日9:45石垣発以降は欠航となっています。
かりゆし館、ゆがふ館は休館です。


竹富町指定文化財の前與那國家も台風対策です。
本日、役場から職員の方2名が前與那國家を訪れ、
雨戸の隙間の内側と外側に竹を置き、針金で固定する作業を
行ないました。



隙間をなくすことによって、台風が運ぶ雨やゴミなどの室内への
侵入を防ぎます。

(TA)
ちょっとした休憩所

フクギ(福木)オトギリソウ科フクギ属
実は8月〜9月頃に黄色く熟します。
材は緻密で白く硬く建築材としても使用されます。
なお、樹皮は黄色の染料として用いられています。

沖縄の島々でみることができる樹木、フクギは
防風・防火という重要な役割を担っています。
沿海を航海する折、島々に黒っぽいほど緑の濃いフクギ
並木を見ると、集落が近くにあると判断したそうです。

連日厳しい暑さが続く夏の日々では、私たちの
ちょっとした休憩所の役割も果たしてくれます。

 樹齢数百年と云われる写真のフクギ。

 少しのんびりと木々の下で休みながら、
 遥か昔の竹富島について、
 想いを馳せるのはいかがでしょうか。 

(TA)
キオビエダシャクの交尾
 
 
 キオビエダシャク チョウ目 シャクガ科

 幼虫がイヌマキの葉を食べるため害虫とされています。
九州南部から台湾にかけて分布しており、成虫は花に集まり
吸蜜します。一般的には昼間に活動するそうですが、夜間の
交尾行動を撮影しました。