「NPOって何やってるの?」
一言で説明するのは難しい・・・
ということで、ブログ形式で活動内容を紹介します。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 第118回民具づくり教室 開催 | main | デイゴが咲いている?! >>
今年もデイゴが咲きますように!!!
 昨年、竹富島のデイゴは竹富の人や竹富島を愛する方々のおかげで、
デイゴヒメコバチの被害をどうにか抑制し、
真っ赤な花を咲かせることができました。
あんなに真っ赤に咲いた花を見たのは
何年ぶりだったでしょうか・・・。

さて、今年もまた開花の季節が近づいてきました。
残念なことに昨年の開花は薬の力を借りての開花にすぎません。
ヒメコバチを完全に撃退することは難しいでしょう。
竹富島では、今後薬剤の注入継続して行い、
デイゴ自身が自分の力で花を咲かせるようになれば・・と考えます。

薬剤を購入するために、どうか力をかしてください。

募金箱はかりゆし館にはもちろん、民宿や水牛車乗り場、
食堂や、レンタサイクルショップなど、
あらゆるところに設置されています。

かりゆし館では、昨年拾ったデイゴの実で
こんなものを作ってみました。



●ブー(芋麻)と糸をよってつくった「ひも」です。
 ブーは、私たちが植物の状態から原糸にしたもの。

●赤い糸は、織物の最後にどうしても余ってしまい、
 捨てられるところだったものを頂いてきたものです。
 絡まった糸をひとつひとつスタッフの手でほどき、
 使えるまでにしました。

●赤い豆はデイゴの種です。
今、種を植えて幼い木を
 増やしてしまうと、デイゴヒメコバチを
呼び寄せてしまうことになります。
 もう少しの我慢です・・・。

50僂曚匹里海痢屬劼癲廚任垢、
紅白なのでお祝いなどのラッピングのアクセントにしたり、
また、手や首にまいてアクセサリーとしても楽しめます。
デイゴの実も少しほどけば取り出せますので、
他にアレンジしてつかうこともできます。
〜〜どうぞ お好きに使用してください〜〜


☆このデイゴの実を使った商品は、一つお買い上げごとに
100円がデイゴ募金へ寄付させていただきます。