「NPOって何やってるの?」
一言で説明するのは難しい・・・
ということで、ブログ形式で活動内容を紹介します。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 潮の香りが濃い日には・・・ | main | 庭の日→産業祭りへGO!! >>
沖国大副学長 狩俣恵一氏が就任 (5/8付八重山毎日新聞)
本日(5月8日)の八重山毎日新聞には、
NPOたきどぅんの創設にご尽力いただき、
現在も主任研究員としてご活躍いただいている
沖縄国際大学教授の狩俣恵一氏の
沖縄国際大学副学長就任の激励の集いの記事が
掲載されています。
竹富島からもご両親をはじめとする
有志が那覇まで足を運び、
副学長就任を祝い、そして激励しています。

狩俣恵一さん、
今後もますますの
バイタリティあふれるご活躍を
心より祈念いたします。

(ta)
沖国大副学長 狩俣恵一氏が就任
竹富郷友らが激励の集い

【那覇】4月1日にから沖縄国際大学副学長に就任した
竹富島出身の狩俣恵一氏(60)を激励する集いが
3日夜、那覇市のホテルで開かれた。
狩俣氏は集いを主催した同級生や郷友会に感謝し、
「精いっぱい頑張っていきたい」と抱負を語った。
 狩俣氏は竹富小中、八重高、東京都の國學院大學と
同大学院を経て、北海道の國學院大學北海道短期大学
で国文学を指導し、副学長も歴任。
沖国大では、琉球文学・芸能の研究と指導を行い、
琉球文学研究会の顧問も務めている。
 集いでは、同大学の大城保学長、沖縄竹富郷友会の
真栄里泰山会長、竹富町の富本傳副町長、
八重高22期生代表の大城辰彦さんらが
狩俣氏の人柄を紹介し、さらなる活躍を期待。
多くの関係者から花束が贈呈された。
 狩俣氏は「節目、節目で応援していただいている。
皆さまに支えられてここまでくることができた」
と礼を述べ、「大きな力になった。2年間の任期を
全うしていきたい」と気持ちを新たにしていた。