「NPOって何やってるの?」
一言で説明するのは難しい・・・
ということで、ブログ形式で活動内容を紹介します。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ショーロ(旧盆) | main | 第133回竹富島民具づくり教室 >>
島のお盆




9月1日はお盆の送り日でした。
ご先祖様と夕飯をともにして、アンガマを迎え、そしてご先祖様送ります。








●お茶を4杯(無縁仏用)
●お吸い物2膳
●お供え
●お酒
●うちかび(あの世のお金)
を用意して、再び晩餐をします。
晩餐を終え、お別れのご挨拶をします。
家族の健康や、島の行く末を見守ってくれますように。
また会えるようにと・・・。

その時にお線香をあげますが、こちらは必ず四角の香。
島ではユイコウといいます。
6本が一本になっている平たく四角いお線香。
6本を二つ割って、一人が3本をあげます。
これは、天と地と自分をさします。
そして、さらに2枚(12本)をあげます。
これは12ヶ月をさしています。

そして、お供えもの、お酒、うちかびを燃やし一緒に
持って帰ってもらいます。
お茶は外へまいて無縁仏にも帰るように促します。




門下で最後のお別れをして、集落の入口(スンマシャー)まで
燃やしたものを持っていき埋めます。



日が変わろうとする直前の島では、スンマシャまで
祖先を送る姿を見ることができます。
賑やかなお盆が終わり、“祭りのあと”を実感する瞬間です。


翌日早朝は、男衆はスードーリを行います。
集落内の道を履き清め、残っている無縁仏へお盆の終了を告げます。

これが島のお盆です。
みなさんの、お盆はどのような過ごし方をされますか?


撮影協力:大山栄一・ミツ子ご夫妻
ご協力ありがとうございました。