「NPOって何やってるの?」
一言で説明するのは難しい・・・
ということで、ブログ形式で活動内容を紹介します。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 十五夜祭 | main | 第136回竹富島民具づくり教室 >>
節祭〜シチマツリ〜


今日105日(旧暦8月20日)節祭が行われています。


節は季節の変わり目で古代のお正月だといわれています。
 竹富島では、土地のお祓いと井戸のお清めをし、
大地に感謝を捧げ、作物が豊作でありますように、
と祈願します。


この日の夜は、なぜか
妖怪や怪火が見えると伝えられ
ています。
そのためか、
各家庭では、家の軒にススキをさしたり、
農機具などに節かずらを巻いて、幽霊に持っていか
れないようにします。

節祭り当日、神司と公民館執行部の一行は早朝から、
国仲御嶽、西塘御嶽、清明御嶽、根原神殿の前で
祈願をします。
神司たちは、各自の御嶽を参拝したあと、25の井戸
を回って祈願をします。
夕刻、執行部と有志は、弥勒奉安殿で弥勒神に祈願を
行います。
節祭のミルク神の出殿は、年に3回のうちのひとつと
なります。

今日はとても天気がよく、真夏日が戻ってきている
ような日。
神司と公民館執行部の皆様暑い中、粛々と祈願に
回っていらっしゃいました。
当たり前に水道から水が出る時代。
今日の祈願は離島であるが故ではなく、皆が持って
おきたいキモチです。