「NPOって何やってるの?」
一言で説明するのは難しい・・・
ということで、ブログ形式で活動内容を紹介します。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 再び反対集会、デモ行進 | main | 第7回NPOたきどぅん総会 >>
6月4日は何の記念日?
竹富島にとって6月4日は、記念すべき一日でもあります。

1976(昭和51)年6月4日から3日間、東京、国立劇場において
「竹富島の種子取」として公演が行われた日にあたります。

当時、選択無形民俗文化財に指定されていた「種子取祭」は、
祭事を維持していく中で大きな波に揉まれていました。
過疎化が進み、島だけで祭事を維持することができなくなり、
石垣竹富郷友会の協力を仰いでいたのです。

1974(昭和49)年、石垣竹富郷友会から一つの提案がありました。
神事は干支どおりに行い、奉納芸能は休日に行えないか。とのこと
でした。
竹富公民館は、神事は人間の都合で変えることはできないと
判断し、この提案を拒否します。
よって、この年の種子取祭は、竹富島住民のみで奉納されています。
(この映像は、ゆがふ館にてご覧いただくことができます。)

こうしたなか、国立劇場より国立劇場開館十周年を記念して
「八重山の唄と踊り、竹富島の種子取祭の芸能」として出演の
依頼があります。

島から離れた初めての試み、しかも東京に赴き芸能公演を行う
ということ。当然、島では大騒ぎになります。

遠く離れた東京で自らの文化を伝えられるまたとないチャンスです。
島民は是が非でも成功させようと、当時の公民館長であった
狩俣正三郎氏を中心に芸能団を結成し、70数名が東京に向かいます。
東京竹富郷友会のメンバーは「竹富島の種子取祭の芸能公演を成功
させる実行委員会」を発足し、芸能団を歓迎し、チケットの販売、慰労会
のセッティングなど東奔西走します。

そして6月4日から6月6日まで、国立劇場において、初の芸能公演
が開催されます。

この芸能公演を観た本土在住の竹富島の若者は、自らの故郷の
素晴らしさを再認識し島へ帰る者、または東京に残った者は郷友会
の活動に力を入れるようになります。
この芸能公演は様々な点からみても竹富島にとって大きな出来事
になりました・・・。

日本テレビで放映されている「おもいっきりイイ!テレビ」6月4日付
放送において、(12:50から12分程度)この記念日のついての紹介が
あります。

“竹富島にとって大きな出来事”の答えは、ぜひ番組でご覧ください。


取材を受ける沖縄国際大学教授 狩俣恵一さん

(ta)